堀紘一氏「自分が何をしたいのか」

私の尊敬する経営者の一人でボストンコンサルティングで社長をしておられた堀紘一さんが人生の目的について「人と違うことをやれ!」(三笠書房)で次のように話しておられます。

「自分が何をしたいのか、ということほど基本的な命題はない・・・・目的を持てば自然に気迫も湧いてくるし、努力もする。頭もよくはたらくようになり、効果的な戦略・戦術も浮かんでくる。目的もないのに学歴や才能がどうだとか、世間が自分を認めてくれない等と言うのは10年早い。」

また彼はセガ元社長で現アミューズキャピタル会長の中山隼雄さんの次のような言葉を引用されています。

「一番大事なのは、どれだけ自分の目標に真剣になれるかですね・・・一度はっきりした目的とか目標設定をすると、それがだんだんレベルアップしていき、最後には脱サラや転職をしたいという目標設定になるかもしれない。向上心につながってくるわけです。そうすれば自然と他に抜きんでたアイデアも浮かんでくる・・・自分でモチベーションを作っていくということですね」

私たちは「なりたい自分の姿」を懸命に見出し、それに真剣に取り組むことで人生で成功することができるのです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP