コミュ障の私が営業で成功!アメリカのトップ営業スキルの効果

コミュニケーション障害(コミュ障)と言われる方は何が問題なのでしょうか?

本人が気づいていないことですが大半は「相手の話を聞いていない」「聞いていてもスルーしている」「相手を傷つける・不愉快にする言い方をしている」「自分中心な話し方や態度をしている」などが理由と言われています。

 これらを一度に直すことは大変ですが、ブログアメリカのトップ営業が使っているスキルで成功するに記したアメリのトップ・セールスが用いている「5つの営業スキル」を用いることで、「相手の言葉・仕草から相手の考えていることを読み取り、相手の望んでいるものに気づき、提案できるようになります。
そして相手が分かりやすくイメージしやすい話し方で伝え、腹落ちさせる理由付けもできるようになるので、誰からも「この営業担当者と友達になりたい」と感じさせるような人格を身につけることができます。

 私自身若い頃は会話で下手で相手をよく怒らせていました。
上司からは「お前の話し方はほんとうにカチンとくる」「少しは人の話を聞け」などとよく叱られていましたが、その当時は全然理由が分かりませんでした。

アメリカでこのスキルを学んでからは、半年で売り上げを4倍にするなど大きな成果を上げることができました。それからは日常生活でもきちんと人の話を聞けるようになりました。
過去の自分を思いだすと恥ずかしくなります。

ブログアメリカのトップ営業が使っているスキルで成功する」には具体的な事例のお話を記しています。ブログ名をクリックして内容をご確認ください。

またこのスキルをまとめた「3,000人の営業同行の現場から 〜アメリカのトップ企業は行なっているのに日本では使われていない営業・コーチングスキル実践集〜」(税込1,080円)という本をAmazon電子書籍Kindleより2018年5月25日に配信が始まりました。
上記書名をクリックいただきますと、アマゾンの書籍紹介ページに移動しますので内容をご確認ください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP