ヘッドハンティングされるためにすること

企業で研修をしていると次のような質問を個人的に受けることがあります。
「会社で成果を出し、外資系に転職あるいはヘッドハンティングされるほど優秀な人材になるというビジョンを決めたがどうしたらよいか」

現在35歳独身のこの方は「社員100名弱の同族会社に勤めているが会社規模だけでなく商材もつまらない。故障も多く営業なのに修理ばかりに呼び出され、営業活動はほとんどできない。その上給料は安いし、無能な上司が年功序列で出世していく」と、モチベーションはすっかり下がっていましたが、前述のようなビジョンを持つことで今の年収350万から3,000万円をかせいで都心のマンションに住んで結婚する、ことを決めたそうです。

まず給料が下がるような転職はしてはいけません。この方もそれを恐れています。
では給料の上がる転職というと、ヘッドハンティングされることです。

ヘッドハンティングされるためには会社の中で実績を出し、業界でその名を知られる必要があります。
ちなみにヘッドハンティングはどのようにしてされるかについて参考に記しておきます。

ヘッドハンターたちは常に「市場で高く売れる人材」の情報を求めています。
ほとんどの転職希望者は主に「転職サイト」を検索して人材登録会社に履歴書を送ります。リクルーターはその人を面接し、その人に関して詳細情報を得ます。その面談の際に彼らは必ず「お友達の中で優秀な方はいませんか?」と紹介を求めます。
情報を提供すればリクルーターに良い印象を与え、良い仕事を紹介してもらえると考える登録者たちは自分の会社の同僚や知人の中から優秀な人の名前と連絡先を教えます。
このようにしてリクルーター、ヘッドハンターは市場で活躍する人の名前を獲得し、求人に当合うような実績、経歴を持っている人とわかれば連絡をしてくるのです。

ちなみにヘッドハンティングによる転職は最低でも年収1,000万円です。
つまりもしあなたがヘッドハンティングされて良い仕事に転職したいと思うなら「実績を出し、業界で名を知られる」「勲章をいっぱいつける」必要があるのです。
それではどうすれば仕事で勲章をつけることができるのでしょうか。
営業の場合がもっとも簡単なのでその方法をお話します。

あなたの会社のように大した商材を扱っていない場合、あなたは「こんな商材ではだめだ」と思っているわけですし、お客様からも「お宅の商品はすぐ壊れる」「使いにくい」などといつもクレームをもらっていることでしょう。
ここで大切なことですが、あなたは営業をしながらMarketing(マーケティング)活動をしているでしょうか?

出世するにはいくつかのスキルが必要です。主なものは次のようなものです。

①    営業力 ②Marketing力 ③英語力 ④数字を読む力 です。

もしあなたが営業担当としての実力がないようなら先ず次のことを試してみて下さい。
その商材の「特長と利点」をしっかり伝えます。これができればどんな商材でも売れます。
さらに見込み客に「困った時」のことを思い起こさせ「このようなご経験はないですか?」と確認し、それがあるようなら「そのような時うちの商材ならその特長を生かしてその不安を解消できますよ」と伝えることでたいていの相手は購入意欲を高めます。

次にMarketing力ですが、現場のニーズをさぐることで「この商材なら売れそうだ」という商材を見つけることができればそれを社長に「自分にこれを担当させてください」と申し出ます。
社長は申し出を断るかもしれませんが、それを勧める理由をしっかり伝え「必ず売れる」と説得するなら「ダメ元」で任せてくれるかもしれません。

それが成功すれば、あなたはその商材に関してのエキスパートで市場について一番知っていることになりますから「これの販促を任せて下さい」とさらにお願いすれば、社長は実績が出ていれば任せてくれるでしょう。

そしてそれが拡大すれば事業部となり、あなたはその事業部長になることができるかもしれません。

次に英語力ですが多くの新規ビジネスのアイデアは国内のMarketingで生まれますが、海外にまでそのリサーチを広げておくともっとその機会は広まります。
他の営業担当が会社の愚痴を言い、何も手を打たないで日々を送る中であなたが海外市場の情報も集め、そこから日本向けに有効な商材を見つけてくることで出世の道は大きく広がります。

海外情報を集めるにはどうしても語学力が必要です。
何よりもヘッドハンティングをする会社は多くが外資系です。外資系で成功するには英語力は必須です。

あなたがこのビジョンを果たしたいと思われるなら、この営業力、Marketing力、英語力を今から一生懸命身につけていきましょう。

大切なことですがヒラのうちはヘッドハンターから声はかかりません。ですから転職したい人は最低でも課長までは出世しておく必要はあります。
ヘッドハンターはあなたが「会社にどのくらいの数字をもたらしたか」で判断します。
それまで会社をやめたいと思っても決して動いてはいけません。今働いている会社でツメをとぎ、出世していくことです。

この方法であなたのビジョンを果たせるかどうか、試してみて下さい。

これは私が実際に行ったことです。これで私は外資系企業で事業部長そして役員になりました。

この方法は必ずあなたの人生を変えてくれることでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP