進路で悩んでいるあなたが社会で成功するための法則

このサイトに初めてアクセスされたあなたは次のような方でしょうか?

  1. どの高校、大学に行ったらよいかわからない
  2. 就活の目的が分からない
  3. 自分に自信がないので、将来何をしたらよいかわからない
  4. 中高大学を途中でやめてしまったのでよい仕事がない
  5. 学校の勉強は嫌いだが社会では成功したい
  6. 親の言う通りの人生を送るのはいやだ

私は外国企業の幹部として多くの部下のカウンセリングを行うだけでなく、日本、ニュージーランド、アメリカで長年ボーイスカウト活動などを通して、若者の自立支援活動を行ってきました。

そのため、多くの若者の悩みを聞いてきました。どの国の若者も同じような悩みを抱えています。
しかし日本の場合、少し状況が違うようです。

このサイトは、私が見聞きしてきたさまざまな事例を通して「若者が人生で成功できる方法」をお伝えしていきたいと考えて作りました。
たくさんのコメントを掲載しましたが、若者向けには私の今までの経験をまとめた「中高大学生向け『若者が人生で成功するための逆算の人生設計マニュアル』」というマニュアルを読まれるようにおすすめします。
これには現在62歳になる私が17才の時から行ってきた様々なノウハウや、多くの成功者が行ってきた方法が記されています。

「夢を持ち続けていればかなう」というのは正確には正しくありません。人生はそれほど簡単にはいきません。それは社会に出ればすぐに分かります。
成功してきた人は例外なく「自己啓発書などに記されていない肝心なこと」を行ってきました。

私はどうして本屋にある自己啓発書にはそのことがかかれていないのだろうと不思議に思っていました。
学校の先生方で会社で働いたことのある人はとても少ないです。そのため、生徒のみなさんに「会社で働くため」「社会で成功するための具体的なアドバイス」をしたくてもできずに苦労されています。

このマニュアルには「年収いくら得るにはどんな仕事をすべきか?そのためにどんな準備をすべきか?」といった成功するための法則が分かりやすく記されています。

私は高校2年生の時にこの方法に気づいたので、思い通りの人生を過ごしてきました。
もちろん、いつもうまくいったわけではありません。しかしこの手法(考え方)を知って居ると、人生で大きな問題や逆境に会っても、乗り切る力が身について居るので新しい道を見出すことができます。

多くの学生が「良い大学に入る」「一流企業に入る」ことを目標に勉強しています。しかし私の勤めていた大企業では一流大学卒業生がたくさんいましたが、ほとんど人生に満足していませんでした。
一流企業に入ったことで「人生上がり」と感じて、毎日だらだらと過ごしています。夢もビジョンも何も持たず、漫画を読んでお酒をのんで毎日を過ごしています。

せっかく一流大学を卒業し、一流企業に就職して、結婚して家庭をもっても人生を楽しく過ごせなければ「成功した人生」とは言えないでしょう。

どのようにすればよいかについては、上のマニュアルの名前をクリックすると「試し読み」ができる画面に入りますのでそちらを一度お試しください。
この本は2018年夏頃Amazon電子書籍Kindleで出版予定です。

みなさんの人生が豊かで実りあるものとなるよう、願っています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP