瞑想はビジョンの確立にとても有効です

つくし 春の小川 瞑想の小道

自身のビジョンをしっかりしたものにし、それをいつも新しくするだけでなくそれを心に刻み込んで、いつでも思い出せるようにするには、瞑想と言う手段が最も効果的です。

みなさんは瞑想の時間をもっていますか?

瞑想とは深くそのことについて思いを巡らし、心の中で思索することです。
多くの過去の先達が瞑想によって新たな着想を得たり、アイデアを得たり、インスピレーションを得たという話はよく聞かれると思います。

上の写真は、私が毎朝1時間瞑想するために散歩する場所です。
真ん中の小川は「日本名疎水100」のひとつで、とてもきれいな水が流れています。今の時期は「春の小川」♪を唄いたくなるような景色です。カワセミなどがよくみられます。
左端はつくしです。群生している場所もあります。とても春らしい光景です。
毎朝歩いているのは右端の農道です。今の時期、鳥の声が聞こえます。
暖かい陽光の下で1時間歩いていますと、いろいろなインスピレーションが湧いてきますので、スマフォの録音装置をいつも画面に出しておき、思いついたらその都度録音します。長くても1分程度にします。
毎朝10から30のアイデアを録音し、帰宅してそれを書きとめます。

私にとってこの時間は自分のビジョンを確認し、その実現に向けて今日することを決めるとても大切な時間です。

雨の日はこの作業を家の中のエクササイズマシンの自転車に乗ってゆっくり漕ぎながら行いますが、やはりくもり空であっても外を歩くのとは大違いです。家の中ではあまりインスピレーションを受けることはできません。

朝このような悠長な時間をとれない人は、多いと思います。しかし、満員電車の中でも瞑想はできます。

私はイスに座れない時の方が瞑想がよくできます。座ってしまうと朝などは眠ってしまいます。
満員電車の中で私は自分のビジョンを思い起こし、それを具体的に映像化します。そしてその時に感じたことで「いましておかねばならないこと」があったらメモします。
電車の適度な揺れは、脳を刺激してくれるので私の場合、リラックスした時にみられるというアルファ波がよく出るようで、たくさんの考えが湧いてきます。

ぜひ試してみて下さい。

ちなみにこの私の「啓示の小道」(インスピレーションを「啓示」とも訳すので私はこのように呼んでいます)は、4月1日NHKの「あさイチ」で「住民の増えている奇跡の町」と紹介された千葉県佐倉市にある「ユーカリが丘」という町のそばにあります。
近代的な街づくりでありながら、このようなのどかな里の風情を残したとても住みやすい街です。
私はここに今までの人生で一番長い16年間住んでいるのです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP