ビジョンを持って人生を変えた人々

ビジョンを持つことで今まで目的もなく生きて来た人々が変わった事例を見てきました。

  1. ブラック企業で働いていたハーフの19歳の男性が子供ができたため、「幸せな家庭を築く」というビジョンを持ちました。お母さんの母国で大学教育を受ける決心をし(この国は大学まで無料)、そのあとアメリカで弁護士の資格を取って、今は国際弁護士として活躍。
  2. バンドマンだった方が「人の役に立つ仕事をしよう」と心理学の勉強をするため渡米。お金が無かったので奥さんと時々帰国して肉体労働をしてお金をためては学校へ戻り、を繰り返しました。今は日本の大学で准教授としてカウンセリングなどをして活躍。
  3. シングルマザーで二人の子供をかかえ方。車に乗っていた為、生活保護も打ち切られました。「子供達と幸せな家庭をハワイで築く」というビジョンを持ち、シングルマザー枠で奨学金と部屋をもらい自分の資金はなかったのに留学。

このような人は皆さん夢は持っていましたが、目標無く生きて来た人達でした。

それがこのようにしっかりしたビジョンを持つことで、それを実現するための能力(コンピテンシー)が目覚め、なすべきことが見えてきて、必要な情報が目につっくようになり、それを実現していきました。

どなたでもこの方法で人生を変えることができます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP