WGNで扱っているウェアラブル端末「Helo(ヒーロー)」

販売する商品は「Helo(ヒーロー)」と呼ばれるウェアラブル端末です。次のイメージビデオ(49秒)をご覧下さい。

https://youtu.be/9Og-BY4qBFU

 このウェアラブル端末は「アレルギー対応、低刺激性シリコンバンド」で腕につけまるが、次のような特長を備えています。
(ただし、Heloは医療機器ではありませんので、使用者の健康管理の一助としてのみ使われます)

<特長1> たくさんの健康データを自動測定してくれる

このウェアラブル端末は、腕につけているだけで以下の健康データを測定してくれます。
心電図以外は設定した時間ごとに自動測定してくれます。
これらのデータはスマホで見ることができます。(Bluetoothを活用します。ガラケーでは使えません)

1.血圧
2.心電図
3.呼吸数
4.脈拍数
5.歩行数
6.歩いた距離
7.気分
8.エネルギー
9.睡眠状況

心電図はウェアラブル端末に指をつけて40秒で測定され、スマホに画像表示されます。
これほどたくさんの健康データが自動測定される機種は2017年10月27日現在、「Helo」だけです。

<特長2> 身内、友だちの健康異常を知らせてくれる

「Wecare」というプログラムは、自分の家族や友だちとの間で登録をしておくと「健康データに異常があった時に互いに連絡が入る」システムです。
離れて暮らしている高齢者や持病を抱えているご家族のことは気になりますね。そのために最近では電化製品に「今使っています。生きていますよ」というメッセージが家族に伝わるツールが加えられたりしています。
しかしウェアラブルならいつも腕につけていてもらうだけで、24時間その人の健康状態が確認できるので、離れていても安心です。

また「Guardian(ガーディアン)」というプログラムは自身の健康数値を設定しておくと、それを超えた異常値になると登録している家族、友だちに自動的に連絡してくれます。
突然倒れてしまった時など、これを設定しておけばあなたの健康異常を知人に伝えることが出きるので、独り暮らしの方などは安心ですね。

<特長3> 自分の危険を身内、友達に伝えることが出きる

「SOS」は自分の体調が急に悪くなって助けが欲しい時、スイッチを二度押すことで登録している身内、仲間に「SOSサイン」を即時に送ることができます。
しかもGPS機能で「自分が今いる場所がGoogle Map」情報付きで送信されます。

突然胸が苦しくなって、助けを求める余裕もなく倒れてしまった時でもスイッチを二回押すことはできるかもしれません。
また、お子さんなど道に迷った時、悪い人にさらわれてしまった時(このようなことは考えたくもありませんが)これがあると安心です。

<特長4> ゲルマニウムで体調を整えてくれる

リストバンドの裏側に「ヒマラヤ岩塩、純度99.9%のゲルマニウム鉱石」で作られたチタニウムプレートががついています。

ゲルマニウムには「体を温めてくれる」「肩こりが緩和される」「頭痛が緩和される」などの効果があると言われています。
またチタンとの組み合わせでマイナスイオン効果があるという報告もあるようです。
人により感じ方は様々なようですが、毎日ウェアラブル端末をつけているだけで「ゲルマニウム・ブレスレット」のような効果を感じる方も多いと報告されています。

 <特長5> 採血無しで血糖値の自動測定ができるようになる

糖尿病疾患などをお持ちの方は定期的に採血して血糖値を測定しなければなりません。「慣れるとは言え、毎回指先に針を刺すのはつらい」と知人はこぼしています。

「Helo」の新しいアプリケーションでは、もうすぐ「針刺しなし」で「自動的に血糖値定期測定」が可能になります。
血糖値を気にされている方々には朗報ですね。

  <特長6> 血中アルコール濃度測定ができるようになる

将来的にWGN社は自動車の「アルコール・インターロック・システム」と連動させ、Heloが規定値以上の血中濃度を検知すると、エンジンがかからないようにする機能の開発を視野にいれています。
(勿論これは飲酒運転の可否を判断する機能ではありません)

次のビデオは2016年11月10日の「7分間商品紹介(英文)」です。機種は1世代古く、パッケージ価格も変わって居ますが、機器の使われ方などをご覧になりたい方はご参考にどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=MiIEPDNZt4I

 <特長7> 蚊よけ機能がもうすぐつけられる

蒸し暑い日本の夏は蚊に悩まされます。
かゆみだけでなく、蚊は世界中で年間5億人にマラリアを媒介し、100万人が命を落としています。
さらに蚊は黄熱病、デング熱、日本脳炎、西ナイル病などの病気も媒介しています。
この「蚊よけ機能」がつくと、蚊がよりつかなくなりますので、蚊よけスプレーをつけたり蚊取り線香などを用意する手間がなくなりますし、それらによる健康への心配から解放されます。

 

 こちらに興味を持たれた方は「問い合わせ」から「WGNビジネスに登録希望」とお書きの上、ご連絡下さい。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP