自分にはCompetencyなんかない?

「自分には何の才能もありませんよ」と言い切る若者がとても多いです。しかし、絶対にこのように思いこんではいけません。

あなたがニートであってもパラサイトであってもフリーターであっても、それは一時的な今のあなたの状態にすぎません。
本来人間の持つ力は未知数です。「自分にはそんなものはない」「いい加減なことを言うな」と決めつけないで、まず前向きに考える事から始めましょう。「Positive thinking(前向きに考える)で成功する」というのは真理です。結果が明らかに出てきます。

別の記事で書きましたが人間にはまだまだ未開発の能力や使いこなしていない部分があります。容量という視点から考えてもあなたの容量はまだまだ新しい情報を入れる許容量が一杯あります。私はよくスマフォの「残量15%」などのメッセージに慌てていらないものを捨てたりしていますが、私達人間の脳は使いきれない容量がありますから、次々と新しいことを学べます。

それと同様に「自分自身」は脳にあるのかどこにあるのかは分かりませんが、人知では及ばぬような能力がまだまだ眠っています。

それを目覚めさせるきっかけ(トリガー)はなんでしょう?

それが「なりたい自分の姿」というビジョンの設定なのです。これを一度インプットされると「自分自身」のスイッチが入るのです。ただし、一度それを考えるだけではだめです。いつも考え続けることでこのスイッチは入り続け、加速度を増して稼働します。ずっと眠っていたものを叩き起こすのですから、力が必要です。蒸気機関車が最初に動かすのに大変な量のエネルギーが必要で一生懸命「かまたき」をします。しかし一度走り出すと上り坂でも登っていくように、私たちの「自分自身」のCompetencyもどんどん目覚め、成功に必要な情報をどんどん集めてくれるようになります。

このようなことをきちんと理解出来る、イメージできる人かそうでないか、が成功する人とそうでない人の分かれ道になるのです。

だまされたと思ってでも構いませんので、試してみることをお勧めします。

 

Fiji 2

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP