「Competency」と「普通の能力」の違い

私が注目しているComptencyとは「サッカーができる」といった単なる身体能力、本などで学んだ知識を用いるのとは異なります。「あることに特化した力」で、それが人生を大きく変えるほどの影響力を持つ力のことです。

たとえば、次のような違いがあります。

  1. 特殊な市場の状況を理解する力: 単なるMarketing能力とは違います。
  2. 組織の管理能力: 単なるお飾りの上司としてではなく、部下の能力を伸ばし、育てる力です。
  3. 相手を怒らせずに説得する力: ただの説得力は「力づく」もありますが、相手が納得する説得術を持っている人です。
  4. むつかしいことを子供にでもやさしく分かりやすく説明する力: 学校の先生でも説明の上手な人、そうでない人がいますが、最も優れた教師(インストラクター)は、医学・法律知識ですら子供にでも理解できるよう説明できます。
  5. 外国人の言っていることを理解出来る力: 単に通訳、翻訳するだけでなく、その方の文化的背景まで深く理解してその言っている意味を理解することです。
  6. お料理で人の心を和ませる力: 単に料理ができる、とは大きく違う能力です。

このように単なる力、能力とCompetencyは異なります。

「真のCompetency」は、あなたの人生を成功に導く力ですから、普通の才能のように簡単には見いだせないかもしれません。それだけにこれが一度目覚めたら、素晴らしいことが起こるということはお分かり頂けると思います。

そして「自分はどうせニートだし」「フリーター経験しかないから」「ブラック企業で働いていて疲れ果てているから」とか言っている人も、「なりたい自分の姿」をしっかり思い描き、その実現を心に描いていれば「あなた自身」がそれに気づいてくれます。そしてあなたにそれを気づかせるように働いてくれます。

「自分自身」を信じて前向きに取り組んでみて下さい。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP